様々な方法でアプローチ!【小顔になる方法とは】

骨を削って小顔になる

女医

相場やダウンタイムを確認

小顔になる方法の1つとして挙げられるのが、顔の骨を削ることで輪郭自体を小さくするという美容整形です。骨自体を小さくしてしまう美容整形ですので、1度施術を受けたら半永久的に小さい顔をキープすることができます。骨が大きいことで大顔という人が小顔になる方法として、最も適しているのが骨を削る美容整形と言えるでしょう。骨を削って顔を小さくする美容整形には、Vライン形成やオトガイ形成、エラ削りといった施術法があります。Vライン形成の相場は約100万円、オトガイ形成は約50万から100万円、エラ削りは約60万から120万円程度です。メスを使う美容整形になるため麻酔代が必要となる、そして骨を削るという大きな手術となるため、この程度の金額がかかります。決して安いとは言えない金額ですが顔が大きいというコンプレックスを、半永久的に解消できることを考えると高すぎるとも言えないのではないでしょうか。ずっと顔が大きいことがコンプレックスになっているという人は、骨を削る美容整形にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。小顔になる方法として効果が高い骨を削る美容整形は多くの場合、入院して手術を受けることになるようです。日帰りで手術を受けることができないので、仕事をしている人は施術を受けるタイミングを考慮する必要があります。また、入院が必要になるというだけでなく、ダウンタイムが長引くという点にも注意したいのが骨を削る美容整形の特徴です。エラ削りとVライン形成の場合2週間から1ヶ月、オトガイ形成は2週間から3週間は術後、腫れや痛みといった症状が続きます。手術後、約1ヶ月前後は腫れや痛みが伴うという点は、骨を削る美容整形を受ける際に覚えておきたいポイントです。ただ、ダウンタイムを考える必要はあるものの小顔になる方法として、骨を削る美容整形はとても効果的です。顔が大きいことがコンプレックスで常に髪の毛で輪郭を隠しているという人も、手術を受けることで小顔美人へと変わります。ダウンタイムという注意したいポイントはあるものの、骨を削る美容整形は大顔に悩んでいる人にとってメリットの多い手術と言えるでしょう。

Copyright© 2018 様々な方法でアプローチ!【小顔になる方法とは】 All Rights Reserved.